ドラム式洗濯機のドアが開かなくなって、さあ大変

うちはカッコつけてドラム式洗濯機を使っているのである。

HITACHI(日立) BD-V3400という機種で、6年位前に調子に乗って大枚はたいて買ったやつ。

んで、こないだ扉が開かなくなってしまった。洗濯物たくさん入ったままなのに…。

朝、会社にいる私に嫁さんから連絡が入り洗濯機の蓋が開かないとの事。私にはどうしようもないので、「説明書読んで見て」としか言いようが無く、夜に帰宅。

分かってはいましたが、やっぱ解決してないよねー。だよねー。

季節は真夏。「洗濯機の中は菌達のパラダイスになってるんだろーな。」とうんざりしながらも、とにかく開けないとなので、説明書読んだり、ネットで検索したり…

何やっても開かねーよ!

クソ暑い中、イラつくぜー!

解決策は何個か出てくるのですが、どれも効果無し。でも何とかせねば。Google神に平身低頭頼み続けると、1本の光る蜘蛛の糸が…。

個人のブログっぽいページに、同じ型式の洗濯機ではないですが情報が載っていました。どうやら、分解すればドアのロックを解除する”ヒモ”が現れるそう。

分解は得意技でござろうもん。

赤丸の部分のカバーを外すと”ヒモ”が出てくるんだってさ!

ガバリ。

ムムム!「軍曹、ありました!」 「よし、引っぱれぃ」

あっけなく蓋が開きました。

ただし、10時間以上監禁の上、蒸されていた洗濯物は完全にお南無さんに。戦後最大級のカビ臭が漂っています。ソッコーで洗濯槽クリーナーをおみまい。

まぁ、良かったよかった。

今後は、カバーの隙間から垂らした紐を引っぱってからじゃないと、蓋が開かなくなってしまった。