野球グローブのメンテナンス[ミズノグローバルエリート 土手部分の紐交換]

私の子供は軟式少年野球をやっており、ミズノのグローバルエリートを使っているのですが、約2年の使用で土手部分の紐が切れてしまいました。

赤丸の部分の紐が切れてしまいました。

グローブ自体は決して安いものではないですが、紐は結構安価に売っていますので、自分で交換します。

500円くらいです。紐通しも入っているので作業はこの製品だけで簡潔出来ます。

切れてしまった紐を抜く

どうやって紐が通っているか覚えながら、切れてしまった土手部分の紐を抜きます。この土手部分の紐は下の写真の赤丸が全てで、他には繋がっていません。

一番左端の紐の末端は…

上記の写真の通り、グローブの裏側に通り縛ってあります。

右端の末端は、どこにも出てきていません。なんと、引っ張ったら抜けました。「えっ?」と思ってネットで調べると、どうやらグローブの中から右端の穴に紐を通して左端で留めているようです。

つまり、

このアゴという部分の紐を外して隙間から紐を通す必要があります。のでかなり遠回りです。折角なのでアゴの紐も交換しようと思います。

アゴ部分の紐の末端は写真の通り、両側とも上に紐を巻きつけて留めてありました。

アゴ部分の紐を外すと写真の様になります。

ここまでで紐を抜く作業は終了です。

土手の紐を通す

新しい紐で、まずは土手部分を通していきます。

紐はグローブの中から通していきます。初期状態は(恐らく)紐の末端に何の処理もされておらず、強く引っ張れば抜ける状態だったと思いますが、不安なので抜けないように対策をします。というか、対策をしている方のブログを見つけました。

紐にカッターで切り込みを入れて、

ループを作って紐を留めます。

後は下の写真通りの手順で紐を通して終わりです。

アゴ部分の紐を通す

この作業は穴の数が多くて大変です。手順は以下の通りです。見難いかもしれません。

アゴが閉じたら終了です。